万葉集 第11巻 2652番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2652番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2652番歌

第11巻
歌番号 2652番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 妹之髪 上小竹葉野之 放駒 蕩去家良思 不合思者
訓読 妹が髪上げ竹葉野の放れ駒荒びにけらし逢はなく思へば
かな いもがかみ あげたかはのの はなれごま あらびにけらし あはなくおもへば
英語(ローマ字) IMOGAKAMI AGETAKAHANONO HANAREGOMA ARABINIKERASHI AHANAKUOMOHEBA
彼女の髪は上小竹葉野に放たれた馬たちのようにばらばら、そんな風に私と彼女は離れてしまったのだろうか、逢ってくれないことを思えば。
左注
校異
用語 序詞、、恋愛、不安
タイトルとURLをコピーしました