万葉集 第11巻 2483番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2483番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2483番歌

第11巻
歌番号2483番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文敷栲之 衣手離而 玉藻成 靡可宿濫 和乎待難尓
訓読敷栲の衣手離れて玉藻なす靡きか寝らむ我を待ちかてに
かなしきたへの ころもでかれて たまもなす なびきかぬらむ わをまちかてに
英語(ローマ字)SHIKITAHENO KOROMODEKARETE TAMAMONASU NABIKIKANURAMU WAWOMACHIKATENI
寝床を敷いてひとり寝をしていることだろうか。玉藻のようになびいて寝たいのに。この私を待ちかねて。
左注(以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語作者:柿本人麻呂歌集、非略体、枕詞、髪
タイトルとURLをコピーしました