万葉集 第11巻 2482番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2482番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2482番歌

第11巻
歌番号 2482番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 水底 生玉藻 打靡 心依 戀比日
訓読 水底に生ふる玉藻のうち靡き心は寄りて恋ふるこのころ
かな みなそこに おふるたまもの うちなびき こころはよりて こふるこのころ
英語(ローマ字) MINASOKONI OFURUTAMAMONO UCHINABIKI KOKOROHAYORITE KOFURUKONOKORO
水底に生えている玉藻がうちなびくように、あなたになびいてしまい恋しくてならないこの頃です。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、序詞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました