万葉集 第11巻 2617番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2617番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2617番歌

第11巻
歌番号 2617番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 足日木能 山櫻戸乎 開置而 吾待君乎 誰留流
訓読 あしひきの山桜戸を開け置きて我が待つ君を誰れか留むる
かな あしひきの やまさくらとを あけおきて わがまつきみを たれかとどむる
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMASAKURATOWO AKEOKITE WAGAMATSUKIMIWO TAREKATODOMURU
山桜戸を開けたままにしてあの方を待っているのだけれど、なかなかやってこないのは、誰か引き留めているのかしら。
左注
校異
用語 枕詞、植物、女歌
タイトルとURLをコピーしました