万葉集 第11巻 2616番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2616番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2616番歌

第11巻
歌番号 2616番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 奥山之 真木<乃>板戸乎 音速見 妹之當乃 <霜>上尓宿奴
訓読 奥山の真木の板戸を音早み妹があたりの霜の上に寝ぬ
かな おくやまの まきのいたとを おとはやみ いもがあたりの しものうへにねぬ
英語(ローマ字) OKUYAMANO MAKINOITATOWO OTOHAYAMI IMOGAATARINO SHIMONOUHENINENU
板戸の音が激しいので、彼女の家のあたりの霜の上で寝てしまった。
左注
校異 之 乃 [嘉][類] / 霜 [西(上書訂正)][嘉][文][類]
用語
タイトルとURLをコピーしました