万葉集 第11巻 2618番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2618番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2618番歌

第11巻
歌番号 2618番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 月夜好三 妹二相跡 直道柄 吾者雖来 夜其深去来
訓読 月夜よみ妹に逢はむと直道から我れは来つれど夜ぞ更けにける
かな つくよよみ いもにあはむと ただちから われはきつれど よぞふけにける
英語(ローマ字) TSUKUYOYOMI IMONIAHAMUTO TADACHIKARA WAREHAKITSUREDO YOZOFUKENIKERU
美しい月夜なので、彼女に少しでも早く逢おうと、真っ直ぐの道をやってきたのだが、夜が更けてしまった。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました