万葉集 第11巻 2600番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2600番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2600番歌

第11巻
歌番号 2600番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 百世下 千代下生 有目八方 吾念妹乎 置嘆
訓読 百代しも千代しも生きてあらめやも我が思ふ妹を置きて嘆かむ
かな ももよしも ちよしもいきて あらめやも あがおもふいもを おきてなげかむ
英語(ローマ字) MOMOYOSHIMO CHIYOSHIMOIKITE ARAMEYAMO AGAOMOFUIMOWO OKITENAGEKAMU
人は百世も千世も生きられようか。我が思うあの子のほかにいないというのに、こんなに嘆いてばかりいて。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました