万葉集 第11巻 2565番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2565番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2565番歌

第11巻
歌番号 2565番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 花細 葦垣越尓 直一目 相視之兒故 千遍嘆津
訓読 花ぐはし葦垣越しにただ一目相見し子ゆゑ千たび嘆きつ
かな はなぐはし あしかきごしに ただひとめ あひみしこゆゑ ちたびなげきつ
英語(ローマ字) HANAGUHASHI ASHIKAKIGOSHINI TADAHITOME AHIMISHIKOYUゑ CHITABINAGEKITSU
かぐわしい葦垣越しに一目見ただけのあの子、なのに、否それゆえ幾度も思い焦がれてならない。
左注
校異
用語 恋情、垣間見
タイトルとURLをコピーしました