万葉集 第11巻 2787番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2787番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2787番歌

第11巻
歌番号 2787番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 天地之 依相極 玉緒之 不絶常念 妹之當見津
訓読 天地の寄り合ひの極み玉の緒の絶えじと思ふ妹があたり見つ
かな あめつちの よりあひのきはみ たまのをの たえじとおもふ いもがあたりみつ
英語(ローマ字) AMETSUCHINO YORIAHINOKIHAMI TAMANOWONO TAEJITOOMOFU IMOGAATARIMITSU
玉を通して結びついた紐のように彼女との結びつきは天地の果てまでも続くと思える。その彼女の家のあたりをみる。
左注
校異
用語 枕詞、羈旅、望郷、喜び、恋愛
タイトルとURLをコピーしました