万葉集 第11巻 2435番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2435番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2435番歌

第11巻
歌番号 2435番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 淡海々 奥白浪 雖不知 妹所云 七日越来
訓読 近江の海沖つ白波知らずとも妹がりといはば七日越え来む
かな あふみのうみ おきつしらなみ しらずとも いもがりといはば なぬかこえこむ
英語(ローマ字) AFUMINOUMI OKITSUSHIRANAMI SHIRAZUTOMO IMOGARITOIHABA NANUKAKOEKOMU
琵琶湖の沖の白波のようにどこの家かわからないけれど、何日かかっても彼女の所へやって来ますとも。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、琵琶湖、滋賀、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました