万葉集 第11巻 2491番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2491番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2491番歌

第11巻
歌番号 2491番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 妹戀 不寐朝明 男為鳥 従是此度 妹使
訓読 妹に恋ひ寐ねぬ朝明にをし鳥のこゆかく渡る妹が使か
かな いもにこひ いねぬあさけに をしどりの こゆかくわたる いもがつかひか
英語(ローマ字) IMONIKOHI INENUASAKENI WOSHIDORINO KOYUKAKUWATARU IMOGATSUKAHIKA
彼女が恋しくて眠られない明け方に鴛鴦が仲むつまじく飛んでいく。早くそうなりたいという彼女の使いなのだろうか。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました