万葉集 第11巻 2490番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2490番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2490番歌

第11巻
歌番号 2490番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 天雲尓 翼打附而 飛鶴乃 多頭々々思鴨 君不座者
訓読 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴のたづたづしかも君しまさねば
かな あまくもに はねうちつけて とぶたづの たづたづしかも きみしまさねば
英語(ローマ字) AMAKUMONI HANEUCHITSUKETE TOBUTADUNO TADUTADUSHIKAMO KIMISHIMASANEBA
天雲に翼を打ちつけて飛んでいく鶴のように、貴方がいないのが、とても不安で寂しい。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、非略体、動物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました