万葉集 第11巻 2751番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2751番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2751番歌

第11巻
歌番号 2751番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 味乃住 渚沙乃入江之 荒礒松 我乎待兒等波 但一耳
訓読 あぢの住む渚沙の入江の荒礒松我を待つ子らはただ独りのみ
かな あぢのすむ すさのいりえの ありそまつ あをまつこらは ただひとりのみ
英語(ローマ字) ADINOSUMU SUSANOIRIENO ARISOMATSU AWOMATSUKORAHA TADAHITORINOMI
アジガモの棲む渚沙(すさ)の入江にある荒磯に立っている松。その松ではないが、私を待っていてくれる子はただ一人。
左注
校異
用語 動物、地名、植物、序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました