万葉集 第11巻 2752番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2752番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2752番歌

第11巻
歌番号 2752番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 吾妹兒乎 聞都賀野邊能 靡合歡木 吾者隠不得 間無念者
訓読 我妹子を聞き都賀野辺のしなひ合歓木我れは忍びず間なくし思へば
かな わぎもこを ききつがのへの しなひねぶ われはしのびず まなくしおもへば
英語(ローマ字) WAGIMOKOWO KIKITSUGANOHENO SHINAHINEBU WAREHASHINOBIZU MANAKUSHIOMOHEBA
彼女の噂を聞くにつけ、都賀野(つがの)辺にしなう合歓木からしなやかな彼女を思い出し、私は忍び難く、ひっきりなしに思い出す。
左注
校異
用語 地名、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました