万葉集 第11巻 2379番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2379番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2379番歌

第11巻
歌番号 2379番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 見度 近渡乎 廻 今哉来座 戀居
訓読 見わたせば近き渡りをた廻り今か来ますと恋ひつつぞ居る
かな みわたせば ちかきわたりを たもとほり いまかきますと こひつつぞをる
英語(ローマ字) MIWATASEBA CHIKAKIWATARIWO TAMOTOHORI IMAKAKIMASUTO KOHITSUTSUZOWORU
みわたすと近くに見える渡し場だけれど、近くもない迂回路を早々と降りてきて、今か今かと恋しいあなたを待っています。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました