万葉集 第11巻 2505番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2505番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2505番歌

第11巻
歌番号2505番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文梓弓 引不許 有者 此有戀 不相
訓読梓弓引きてゆるさずあらませばかかる恋にはあはざらましを
かなあづさゆみ ひきてゆるさず あらませば かかるこひには あはざらましを
英語(ローマ字)ADUSAYUMI HIKITEYURUSAZU ARAMASEBA KAKARUKOHINIHA AHAZARAMASHIWO
あの人を受け入れなければ、こんなに苦しい恋に陥ることはなかったのに。
左注(以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情、嘆き、女歌
タイトルとURLをコピーしました