万葉集 第11巻 2471番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2471番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2471番歌

第11巻
歌番号 2471番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 山代 泉小菅 凡浪 妹心 吾不念
訓読 山背の泉の小菅なみなみに妹が心を我が思はなくに
かな やましろの いづみのこすげ なみなみに いもがこころを わがおもはなくに
英語(ローマ字) YAMASHIRONO IDUMINOKOSUGE NAMINAMINI IMOGAKOKOROWO WAGAOMOHANAKUNI
山背の泉に生える小菅が風を受けて波打っている。そんな並々ほどにしか彼女のことを思っているわけではないのに。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、序詞、恋情、地名、京都
タイトルとURLをコピーしました