万葉集 第11巻 2438番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2438番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2438番歌

第11巻
歌番号 2438番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 人事 ま吾妹 縄手引 従海益 深念
訓読 人言はしましぞ我妹綱手引く海ゆまさりて深くしぞ思ふ
かな ひとごとは しましぞわぎも つなてひく うみゆまさりて ふかくしぞおもふ
英語(ローマ字) HITOGOTOHA SHIMASHIZOWAGIMO TSUNATEHIKU UMIYUMASARITE FUKAKUSHIZOOMOFU
人の噂はいっときのこと、私のそなたよ。海岸では小舟を綱で引き寄せるけれど、その海の深さより私のそなたへの思いは深いのだよ。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました