万葉集 第11巻 2437番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2437番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2437番歌

第11巻
歌番号 2437番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 奥藻 隠障浪 五百重浪 千重敷々 戀度鴨
訓読 沖つ裳を隠さふ波の五百重波千重しくしくに恋ひわたるかも
かな おきつもを かくさふなみの いほへなみ ちへしくしくに こひわたるかも
英語(ローマ字) OKITSUMOWO KAKUSAFUNAMINO IHOHENAMI CHIHESHIKUSHIKUNI KOHIWATARUKAMO
沖の藻にかぶさる波が幾重にも押し寄せるように、しきりに恋心が続いて止みません。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました