万葉集 第11巻 2656番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2656番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2656番歌

第11巻
歌番号 2656番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 天飛也 軽乃社之 齊槻 幾世及将有 隠嬬其毛
訓読 天飛ぶや軽の社の斎ひ槻幾代まであらむ隠り妻ぞも
かな あまとぶや かるのやしろの いはひつき いくよまであらむ こもりづまぞも
英語(ローマ字) AMATOBUYA KARUNOYASHIRONO IHAHITSUKI IKUYOMADEARAMU KOMORIDUMAZOMO
天を飛ぶ軽の社の槻の神木のように、いつまで隠し妻のままでいるのかしら。
左注
校異
用語 枕詞、地名、奈良県、明日香、歌垣、忍び妻、秘密、恋愛、序詞、植物
タイトルとURLをコピーしました