万葉集 第11巻 2439番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2439番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2439番歌

第11巻
歌番号 2439番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 淡海 奥嶋山 奥儲 吾念妹 事繁
訓読 近江の海沖つ島山奥まけて我が思ふ妹が言の繁けく
かな あふみのうみ おきつしまやま おくまけて あがおもふいもが ことのしげけく
英語(ローマ字) AFUMINOUMI OKITSUSHIMAYAMA OKUMAKETE AGAOMOFUIMOGA KOTONOSHIGEKEKU
近江の海の沖の島のように、ずっと思い定めている彼女には何かと噂が絶えない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、琵琶湖、滋賀、序詞、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました