万葉集 第11巻 2430番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2430番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2430番歌

第11巻
歌番号 2430番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 是川 水阿和逆纒 行水 事不反 思始為
訓読 宇治川の水泡さかまき行く水の事かへらずぞ思ひ染めてし
かな うぢかはの みなあわさかまき ゆくみづの ことかへらずぞ おもひそめてし
英語(ローマ字) UDIKAHANO MINAAWASAKAMAKI YUKUMIDUNO KOTOKAHERAZUZO OMOHISOMETESHI
宇治川が水泡を立て、さかまきながら流れ下っていくように、彼女への思いは戻しようがなくとどめようがない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、京都、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました