万葉集 第11巻 2717番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2717番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2717番歌

第11巻
歌番号 2717番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 朝東風尓 井<堤超>浪之 世<染>似裳 不相鬼故 瀧毛響動二
訓読 朝東風にゐで越す波の外目にも逢はぬものゆゑ瀧もとどろに
かな あさごちに ゐでこすなみの よそめにも あはぬものゆゑ たきもとどろに
英語(ローマ字) ASAGOCHINI ゐDEKOSUNAMINO YOSOMENIMO AHANUMONOYUゑ TAKIMOTODORONI
朝の東風に吹かれて堤を越えて波があふれ出すように、あの子に遠くから逢ってもいないのに、噂ばかりが滝もとどろにやかましい。
左注
校異 提越 堤超 [類] / 蝶 染 [万葉考]
用語 恋情、序詞、うわさ
タイトルとURLをコピーしました