万葉集 第11巻 2763番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2763番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2763番歌

第11巻
歌番号 2763番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 紅之 淺葉乃野良尓 苅草乃 束之間毛 吾忘渚菜
訓読 紅の浅葉の野らに刈る草の束の間も我を忘らすな
かな くれなゐの あさはののらに かるかやの つかのあひだも あをわすらすな
英語(ローマ字) KURENAゐNO ASAHANONORANI KARUKAYANO TSUKANOAHIDAMO AWOWASURASUNA
紅色の浅葉が茂る野で刈る草の、その束の間も私を忘れないで下さいね。
左注
校異
用語 植物、序詞、地名、女歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました