万葉集 第11巻 2530番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2530番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2530番歌

第11巻
歌番号 2530番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 璞之 寸戸我竹垣 編目従毛 妹志所見者 吾戀目八方
訓読 あらたまの寸戸が竹垣網目ゆも妹し見えなば我れ恋ひめやも
かな あらたまの きへがたけがき あみめゆも いもしみえなば あれこひめやも
英語(ローマ字) ARATAMANO KIHEGATAKEGAKI AMIMEYUMO IMOSHIMIENABA AREKOHIMEYAMO
新しい木戸の竹垣、編み目より彼女が見えるなら、どうして彼女に恋するだろうよ。
左注
校異
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました