万葉集 第11巻 2529番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2529番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2529番歌

第11巻
歌番号 2529番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 家人者 路毛四美三荷 雖<徃>来 吾待妹之 使不来鴨
訓読 家人は道もしみみに通へども我が待つ妹が使来ぬかも
かな いへびとは みちもしみみに かよへども わがまついもが つかひこぬかも
英語(ローマ字) IHEBITOHA MICHIMOSHIMIMINI KAYOHEDOMO WAGAMATSUIMOGA TSUKAHIKONUKAMO
家に出入りする人々は道にあふれて往来するけれど、我が待つ彼女からの使いはやって来ない。
左注
校異 <> 徃 [嘉][紀]
用語 嘆き、恋歌、使者
タイトルとURLをコピーしました