万葉集 第11巻 2517番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2517番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2517番歌

第11巻
歌番号 2517番歌
作者 作者不詳
題詞 正述心緒
原文 足千根乃 母尓障良婆 無用 伊麻思毛吾毛 事應成
訓読 たらちねの母に障らばいたづらに汝も我れも事なるべしや
かな たらちねの ははにさはらば いたづらに いましもあれも ことなるべしや
英語(ローマ字) TARACHINENO HAHANISAHARABA ITADURANI IMASHIMOAREMO KOTONARUBESHIYA
お母さんに遠慮していたづらに時を重ねても、お前さんと私の仲は実を結ぶものだろうか。
左注
校異
用語 枕詞、障害、母親
タイトルとURLをコピーしました