万葉集 第11巻 2727番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2727番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2727番歌

第11巻
歌番号 2727番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 酢蛾嶋之 夏身乃浦尓 依浪 間文置 吾不念君
訓読 酢蛾島の夏身の浦に寄する波間も置きて我が思はなくに
かな すがしまの なつみのうらに よするなみ あひだもおきて わがおもはなくに
英語(ローマ字) SUGASHIMANO NATSUMINOURANI YOSURUNAMI AHIDAMOOKITE WAGAOMOHANAKUNI
菅島(すがしま)の夏身の浦に寄せる波のように、間を置いてではなく、四六時中恋慕しています。
左注
校異
用語 地名、三重県、菅島、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました