万葉集 第11巻 2730番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2730番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2730番歌

第11巻
歌番号 2730番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 木海之 名高之浦尓 依浪 音高鳧 不相子故尓
訓読 紀の浦の名高の浦に寄する波音高きかも逢はぬ子ゆゑに
かな きのうらの なたかのうらに よするなみ おとだかきかも あはぬこゆゑに
英語(ローマ字) KINOURANO NATAKANOURANI YOSURUNAMI OTODAKAKIKAMO AHANUKOYUゑNI
紀伊の国の名高の浦に押し寄せる波音のように、噂がすさまじい、逢ってもいないあの子なのに・・・。
左注
校異
用語 地名、和歌山県、海南市、序詞、うわさ、恋愛
タイトルとURLをコピーしました