万葉集 第11巻 2731番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2731番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2731番歌

第11巻
歌番号 2731番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 牛窓之 浪乃塩左猪 嶋響 所依之<君> 不相鴨将有
訓読 牛窓の波の潮騒島響み寄そりし君は逢はずかもあらむ
かな うしまどの なみのしほさゐ しまとよみ よそりしきみは あはずかもあらむ
英語(ローマ字) USHIMADONO NAMINOSHIHOSAゐ SHIMATOYOMI YOSORISHIKIMIHA AHAZUKAMOARAMU
牛窓(うしまど)の潮騒が島中に響き渡るように、あの方との噂が立ってしまいました。いっそあの方に逢えればいいのに。
左注
校異 君尓 君 [嘉][類]
用語 地名、岡山県、牛窓町、うわさ、女歌、序詞
タイトルとURLをコピーしました