万葉集 第11巻 2533番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2533番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2533番歌

第11巻
歌番号 2533番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 面忘 何有人之 為物焉 言者為<金>津 継手志<念>者
訓読 面忘れいかなる人のするものぞ我れはしかねつ継ぎてし思へば
かな おもわすれ いかなるひとの するものぞ われはしかねつ つぎてしおもへば
英語(ローマ字) OMOWASURE IKANARUHITONO SURUMONOZO WAREHASHIKANETSU TSUGITESHIOMOHEBA
顔を忘れるなんていかなる人がするのでしょう、私は忘れられません。ずっと続いて思っているので。
左注
校異 念 金 [嘉][文][紀] / 金 念 [西(訂正右書)][嘉][文][紀]
用語 女歌、疎遠、恋情
タイトルとURLをコピーしました