万葉集 第11巻 2441番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2441番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2441番歌

第11巻
歌番号 2441番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 隠沼 従裏戀者 無乏 妹名告 忌物矣
訓読 隠り沼の下ゆ恋ふればすべをなみ妹が名告りつ忌むべきものを
かな こもりぬの したゆこふれば すべをなみ いもがなのりつ いむべきものを
英語(ローマ字) KOMORINUNO SHITAYUKOFUREBA SUBEWONAMI IMOGANANORITSU IMUBEKIMONOWO
隠り沼のように密かに恋い焦がれていると、どうしようもない思いになって思わず彼女の名を告げてしまった。滅多に(人前に)口に出すべきじゃないと分かってはいるが。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました