万葉集 第11巻 2502番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2502番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2502番歌

第11巻
歌番号 2502番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 真鏡 手取以 朝々 雖見君 飽事無
訓読 まそ鏡手に取り持ちて朝な朝な見れども君は飽くこともなし
かな まそかがみ てにとりもちて あさなさな みれどもきみは あくこともなし
英語(ローマ字) MASOKAGAMI TENITORIMOCHITE ASANASANA MIREDOMOKIMIHA AKUKOTOMONASHI
手鏡を毎朝毎朝眺めるのと同様、あの人を毎朝見ているのに見飽きることがありません。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました