万葉集 第11巻 2626番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2626番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2626番歌

第11巻
歌番号 2626番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 古衣 打棄人者 秋風之 立来時尓 物念物其
訓読 古衣打棄つる人は秋風の立ちくる時に物思ふものぞ
かな ふるころも うつつるひとは あきかぜの たちくるときに ものもふものぞ
英語(ローマ字) FURUKOROMO UTSUTSURUHITOHA AKIKAZENO TACHIKURUTOKINI MONOMOFUMONOZO
あなたに逢えなくとも私は恨む事はありません。この枕を私だと思って頭に当てて寝て下さい。
左注
校異
用語 衣、比喩
タイトルとURLをコピーしました