万葉集 第11巻 2702番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2702番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2702番歌

第11巻
歌番号 2702番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 飛鳥川 水徃増 弥日異 戀乃増者 在勝<申><自>
訓読 明日香川水行きまさりいや日異に恋のまさらばありかつましじ
かな あすかがは みづゆきまさり いやひけに こひのまさらば ありかつましじ
英語(ローマ字) ASUKAGAHA MIDUYUKIMASARI IYAHIKENI KOHINOMASARABA ARIKATSUMASHIJI
明日香川の水かさが増し、日ごとに恋い心が増していけばこのままではいられない。
左注
校異 甲 申 [嘉][類][古] / 目 自 [橋本進吉説]
用語 地名、明日香、奈良県、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました