万葉集 第11巻 2776番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2776番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2776番歌

第11巻
歌番号 2776番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 道邊 草冬野丹 履干 吾立待跡 妹告乞
訓読 道の辺の草を冬野に踏み枯らし我れ立ち待つと妹に告げこそ
かな みちのへの くさをふゆのに ふみからし われたちまつと いもにつげこそ
英語(ローマ字) MICHINOHENO KUSAWOFUYUNONI FUMIKARASHI WARETACHIMATSUTO IMONITSUGEKOSO
道の辺の草を冬野の枯れ草になるほど踏みつけ、じっと立って待っているとあの子に告げて下さい。
左注
校異
用語 恋愛
タイトルとURLをコピーしました