万葉集 第11巻 2610番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2610番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2610番歌

第11巻
歌番号 2610番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 夜干玉之 吾黒髪乎 引奴良思 乱而反 戀度鴨
訓読 ぬばたまの我が黒髪を引きぬらし乱れてさらに恋ひわたるかも
かな ぬばたまの わがくろかみを ひきぬらし みだれてさらに こひわたるかも
英語(ローマ字) NUBATAMANO WAGAKUROKAMIWO HIKINURASHI MIDARETESARANI KOHIWATARUKAMO
我が黒髪を引きほどいて乱れた髪に、さらになおあなたを恋続けてやまない私です。
左注
校異
用語 枕詞、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました