万葉集 第11巻 2557番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2557番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2557番歌

第11巻
歌番号 2557番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 垂乳根乃 母白者 公毛余毛 相鳥羽梨丹 <年>可經
訓読 たらちねの母に申さば君も我れも逢ふとはなしに年ぞ経ぬべき
かな たらちねの ははにまをさば きみもあれも あふとはなしに としぞへぬべき
英語(ローマ字) TARACHINENO HAHANIMAWOSABA KIMIMOAREMO AFUTOHANASHINI TOSHIZOHENUBEKI
母に申したらあなたと逢うこともなしに年は過ぎていく。
左注
校異 者 [嘉] 七 / 羊 年 [嘉][文][紀]
用語 女歌、母親、
タイトルとURLをコピーしました