万葉集 第11巻 2609番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2609番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2609番歌

第11巻
歌番号 2609番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 白細之 袖者間結奴 我妹子我 家當乎 不止振四二
訓読 白栲の袖はまゆひぬ我妹子が家のあたりをやまず振りしに
かな しろたへの そではまゆひぬ わぎもこが いへのあたりを やまずふりしに
英語(ローマ字) SHIROTAHENO SODEHAMAYUHINU WAGIMOKOGA IHENOATARIWO YAMAZUFURISHINI
白栲の袖はほつれてしまった。彼女の家のあたりをやむことなく振り続けたので。
左注
校異
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました