万葉集 第11巻 2495番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2495番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2495番歌

第11巻
歌番号 2495番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 足常 母養子 眉隠 隠在妹 見依鴨
訓読 たらつねの母が養ふ蚕の繭隠り隠れる妹を見むよしもがも
かな たらつねの ははがかふこの まよごもり こもれるいもを みむよしもがも
英語(ローマ字) TARATSUNENO HAHAGAKAFUKONO MAYOGOMORI KOMORERUIMOWO MIMUYOSHIMOGAMO
母親が飼っている蚕は繭にこもっているが、その蚕のように家にこもっているあの子に逢う手段はないものか。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました