万葉集 第11巻 2839番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2839番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2839番歌

第11巻
歌番号 2839番歌
作者 作者不詳
題詞 (譬喩)
原文 如是為哉 猶八成牛鳴 大荒木之 浮田之<社>之 標尓不有尓
訓読 かくしてやなほやまもらむ大荒木の浮田の社の標にあらなくに
かな かくしてや なほやまもらむ おほあらきの うきたのもりの しめにあらなくに
英語(ローマ字) KAKUSHITEYA NAHOYAMAMORAMU OHOARAKINO UKITANOMORINO SHIMENIARANAKUNI
このようにしてなお私は(彼女)を守り続けるだけなのか。荒木神社のしめ縄でもない私が。
左注 右一首寄標喩思
校異 成 [紀] 戌 / 杜 社 [嘉][類][紀][文]
用語 地名、奈良県、五条市、恋愛
タイトルとURLをコピーしました