万葉集 第11巻 2680番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2680番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2680番歌

第11巻
歌番号 2680番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 河千鳥 住澤上尓 立霧之 市白兼名 相言始而言
訓読 川千鳥棲む沢の上に立つ霧のいちしろけむな相言ひそめてば
かな かはちどり すむさはのうへに たつきりの いちしろけむな あひいひそめてば
英語(ローマ字) KAHACHIDORI SUMUSAHANOUHENI TATSUKIRINO ICHISHIROKEMUNA AHIIHISOMETEBA
川千鳥が住んでいるという沢の上に湧き上がる霧のように白く目に立つようになることだろうな。互いに愛の言葉を交わすようになったなら。
左注
校異
用語 序詞、鳥、動物、うわさ
タイトルとURLをコピーしました