万葉集 第11巻 2679番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2679番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2679番歌

第11巻
歌番号 2679番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 窓超尓 月臨照而 足桧乃 下風吹夜者 公乎之其念
訓読 窓越しに月おし照りてあしひきのあらし吹く夜は君をしぞ思ふ
かな まどごしに つきおしてりて あしひきの あらしふくよは きみをしぞおもふ
英語(ローマ字) MADOGOSHINI TSUKIOSHITERITE ASHIHIKINO ARASHIFUKUYOHA KIMIWOSHIZOOMOFU
窓越しに皓々と照り輝く月が見える。嵐が吹きすさぶこんな夜はあの方のことを思う。
左注
校異
用語 枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました