万葉集 第11巻 2840番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2840番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2840番歌

第11巻
歌番号 2840番歌
作者 作者不詳
題詞 (譬喩)
原文 幾多毛 不零雨故 吾背子之 三名乃幾許 瀧毛動響二
訓読 いくばくも降らぬ雨ゆゑ我が背子が御名のここだく瀧もとどろに
かな いくばくも ふらぬあめゆゑ わがせこが みなのここだく たきもとどろに
英語(ローマ字) IKUBAKUMO FURANUAMEYUゑ WAGASEKOGA MINANOKOKODAKU TAKIMOTODORONI
大して降らぬ雨なのに(いくらも逢わない方なのに)あの方の噂が滝もとどろくように激しい。
左注 右一首寄瀧喩思
校異
用語 うわさ、恋愛、女歌
タイトルとURLをコピーしました