万葉集 第11巻 2690番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2690番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2690番歌

第11巻
歌番号 2690番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 白細布乃 吾袖尓 露者置 妹者不相 猶<豫>四手
訓読 白栲の我が衣手に露は置き妹は逢はさずたゆたひにして
かな しろたへの わがころもでに つゆはおき いもはあはさず たゆたひにして
英語(ローマ字) SHIROTAHENO WAGAKOROMODENI TSUYUHAOKI IMOHAAHASAZU TAYUTAHINISHITE
真っ白な着物の袖に露がおりても、あの子は逢ってくれない。ずっとためらっていて。
左注
校異 預 豫 [西(左貼紙)][嘉][類][文]
用語 枕詞、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました