万葉集 第11巻 2689番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2689番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2689番歌

第11巻
歌番号 2689番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 朝露之 消安吾身 雖老 又若反 君乎思将待
訓読 朝露の消やすき我が身老いぬともまたをちかへり君をし待たむ
かな あさつゆの けやすきあがみ おいぬとも またをちかへり きみをしまたむ
英語(ローマ字) ASATSUYUNO KEYASUKIAGAMI OINUTOMO MATAWOCHIKAHERI KIMIWOSHIMATAMU
どうせ朝露のように消えやすい我が身ですもの。幾度消え失せようと老いようと、幾度でも生まれ変わってあなた様をお待ちします。
左注
校異
用語 枕詞、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました