万葉集 第11巻 2807番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2807番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2807番歌

第11巻
歌番号 2807番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 可旭 千鳥數鳴 白細乃 君之手枕 未Q君
訓読 明けぬべく千鳥しば鳴く白栲の君が手枕いまだ飽かなくに
かな あけぬべく ちとりしばなく しろたへの きみがたまくら いまだあかなくに
英語(ローマ字) AKENUBEKU CHITORISHIBANAKU SHIROTAHENO KIMIGATAMAKURA IMADAAKANAKUNI
多くの鳥たちが夜が明けたとしきりに鳴き立てている。真っ白なあなたの袖枕をまだ十分に満足していないのに。
左注
校異
用語 動物、鳥、枕詞、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました