万葉集 第11巻 2808番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2808番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2808番歌

第11巻
歌番号 2808番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 問答
原文 眉根掻 鼻火紐解 待八方 何時毛将見跡 戀来吾乎
訓読 眉根掻き鼻ひ紐解け待てりやもいつかも見むと恋ひ来し我れを
かな まよねかき はなひひもとけ まてりやも いつかもみむと こひこしわれを
英語(ローマ字) MAYONEKAKI HANAHIHIMOTOKE MATERIYAMO ITSUKAMOMIMUTO KOHIKOSHIWAREWO
眉をかき、くしゃみをし、紐が解けるところからすると、(彼女の方も)私と逢うのを待ってくれている兆しだろうか。
左注 右上見柿本朝臣人麻呂之歌中 但以問答故累載於茲也 ( / 右二首)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、非略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました