万葉集 第11巻 2669番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2669番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2669番歌

第11巻
歌番号 2669番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 吾背子之 振放見乍 将嘆 清月夜尓 雲莫田名引
訓読 我が背子が振り放け見つつ嘆くらむ清き月夜に雲なたなびき
かな わがせこが ふりさけみつつ なげくらむ きよきつくよに くもなたなびき
英語(ローマ字) WAGASEKOGA FURISAKEMITSUTSU NAGEKURAMU KIYOKITSUKUYONI KUMONATANABIKI
あの方がこちらの方を振り返りながら嘆いておいででしょう。清らかな月夜、雲よたなびかないでおくれ。
左注
校異
用語 恋愛、女歌
タイトルとURLをコピーしました