万葉集 第11巻 2670番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2670番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2670番歌

第11巻
歌番号 2670番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 真素鏡 清月夜之 湯<徙>去者 念者不止 戀社益
訓読 まそ鏡清き月夜のゆつりなば思ひはやまず恋こそまさめ
かな まそかがみ きよきつくよの ゆつりなば おもひはやまず こひこそまさめ
英語(ローマ字) MASOKAGAMI KIYOKITSUKUYONO YUTSURINABA OMOHIHAYAMAZU KOHIKOSOMASAME
まそ鏡のように清らかな月夜が移っていってしまえば、あなたへの思いはやまず、いっそう恋しさがまさります。
左注
校異 徒 徙 [寛]
用語 枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました